2011年11月21日

カテゴリ追加と症状の記載

夏辺りから痛みが酷くなりだした
左手人差し指。

9月半ばに痛みの専門という事で
近所の麻酔科に通っていたのだけれど
投薬も理学療法も効果なし。
指が腫れてるような気がしてるので言っても
「気のせい」と言われて。
大学病院の脳神経内科への紹介と診断書を
書いてもらったのだけれど、この病院は遠い・・・
(昔別の病気で通院していた)

2年前からある青っぽい爪のアザ(?)も気になるし
痛みの特徴から母が検索してグロームス腫瘍を疑い
大学病院の予約より前に手の専門医がいる
整形外科へ行って見ることに。
こっちの病院の方が近いのもあったし。

簡単な問診と指を見て「グロームス腫瘍っぽい」と
すぐに言われました。
それで、レントゲン撮ったら見事に
指の先の骨が腫瘍で隠れて丸く欠けて見える状態orz
素人目(私)でも分かるくらいでした。
確認の為MRI予約となると、最短でも12月になる。
んな待ってられるか!!
1秒でも早くこの痛みから解放されたい!!
となって、なるべく早く手術をしたいと言い、
30日に手術となりました。

切ってみないと分からないそうだけど、
ほぼ確実にグロームス腫瘍だそうです。
手術と言っても、局部麻酔で1時間とかからない
日帰りできるものなので、大げさな事ではないです。

ただ、17日の診断を受けて帰ってから
色々検索して見たら、相当包帯グルグル巻きに
されるようなので、帰りが大変かも・・・
麻酔と抜糸の時が相当痛いらしいが
今の痛みが続くよりマシかも。

というワケで、カテゴリ追加して
今回の闘病というか、治療経過を
記録しておく事にしました。
専門医じゃないと、なかなか分からない病気のようだし。
そりゃ、麻酔科じゃ分からないわけだ(苦笑

腫瘍が出来る原因は不明だそうだ。
痛みの経過などについてはまた後日。

とりあえず、痛みで熟睡出来ないのがつらい・・・
posted by 琴音 優美 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | グロームス腫瘍奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50722088
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック