2011年11月24日

最初の痛みから2年

そもそも、爪の異常に気が付いたのは2年前。
当時、左手人差し指の上に物を落としたので
数日痛みに悶える事になったのだけど、この時
爪に青いアザのようなものがある事に気が付いた。
落としたショックでついたのだと思っていたけど。
何週間経とうと、何ヶ月経とうと消える事はなかった。

それどころか、落とした痛みが消えたはずなのに
指の両側が時々針を刺したような痛みを発する事があった。

今思えば、この時すでに腫瘍ができていたのだと思う。
ただ、まだ2年前は痛みはほんとに時々で
すぐ消えてしまってたから、気にしてなかった。

痛みが酷くなりだしたのは、今年の夏ごろから。
痛みの頻度が増えだし、我慢できなくなってきた。
刺すような痛みは人差し指をメインに他の指も
痛む事があった。
痛みのあまり中々眠りに付けず、朝も痛みで目を覚ます。
そんな中、9月半ばに近所の麻酔科へ・・・と至る。

ちなみに、他の指が痛むのは、人差し指の腫瘍が
骨やら神経やらを圧迫してるので
その影響で痛んでいるらしい。
以下、爪のどアップ注意。















tume.png
携帯撮影なんで、見えるかどうか分からないけど
爪に青っぽいアザのようなのがある。
爪の付け根に見える茶色のシミは
レックリングハウゼンによるもので、
グロームス腫瘍とは無関係。
ちなみに爪の上に物を落としたもの関係ない。
横から見ると、指も爪もはっきりと腫れているのが分かる。
9月の時は、ここまでひどくなかったような・・・
この2ヶ月あまりで症状は悪化している模様。
これ打っている今もかなり痛い。

物に触れないので、人差し指使わないでキー打ってるし
料理は一切出来ず。デコ細工も人差し指を使わないように
しているけれど、ここ数日は痛みが酷くて
ロクになにも出来ない。
痛みであらゆる事への集中力が削がれている。
気力の維持が、かなり大変。

手術まであと1週間。
激痛のあまり眠りが浅い日が続いているので
早く熟睡したい・・・・・・
posted by 琴音 優美 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | グロームス腫瘍奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50883291
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック