2011年12月05日

手術後5日目と検診

※今回グロというか、かなり痛い表現あります。
傷の痛みに耐性のない人は読まない事を勧めます。


予約が10時だったのに、診察受けたのは10時半。
ま、よくあることですw

今日、5日ぶりに包帯外しました。
指先は予想通り包帯まで血が滲んでいて
へばりついてしまっている。
引き剥がすわけなんだが、そのたびに
指に振動が伝わって痛い。
包帯の下はガーゼをぐるぐる巻きにされた状態
だったのだけど、きっちり爪の形に血が滲んでいる。
もちろんガーゼ同士もへばり付いている訳で(ry
でも指とガーゼはくっついていなかった。

人差し指と中指の間がずっと痛かったのだけど、
それは折りたたんだガーゼと包帯が当たっていたせい。
先生に「ごめんね」と謝られましたw

そしてようやく、自分の指とご対面。
パッと見、爪の下が赤黒く血にまみれている
以外は普通に見える。
「(爪が)死んでないね」と先生。
どうやら私の場合、爪全剥ぎ→腫瘍摘出で
吸収糸を使っているので抜糸の必要はないとの事。
それでも抜糸をするのなら、今かぶせてある
爪を外して・・・と言う事らしい。うぅぅ・・・

このまま包帯外して終わり、になりそうだったけど
さすがに赤黒く染まった爪を晒すのは周囲への
破壊力が大きすぎる。ましてや私は子供相手の仕事。
見たら大騒ぎになるのは必須。
また何かの勢いで指をぶつけたり触ったりすると
怖いので、消毒と医療用絆創膏。あと保護のために
軽めに包帯巻いてもらいました。
薬とかの処方はなし。
今の状況はこんな感じ

yubi2.jpg
補正かけたけど、相変わらず暗めの写真で失礼。
包帯がすっぽ抜ける可能性はあるけど
今後は絆創膏の交換でいいそうだ。(自分で処理する場合)
ただ、まだ濡らすの厳禁。来週の検診で
濡らしていいかどうか判断するとの事。
今度はお風呂は指をラップでぐるぐる巻きだな〜
と思いながら帰宅。

ちなみに、手術費用は当日計算が出なかったので
今日支払ってきました。
11,900円+今日の診察代210円

帰るころになって指がズキズキいい出す。
衝撃伝わったし、消毒が沁みているのもあるからなぁ。
夕方からの仕事に影響すると困るので
薬箱に入っていた痛み止めを飲んでおく。
ズキズキから開放されれば少し楽になるのかな?

しかし、爪全剥ぎだったとは・・・ううう・・・
帰りに指先用絆創膏(同じ手術経験者さんの
ブログを参考に負担の軽そうなものを)と
指サックを購入。
といっても、多分使えるのは週の半ば以降だろうな〜

前の爪が死んで剥がれ落ちれば問題ないんだろうなと
色々検索して思う。
それまでには、もう少し時間かかりそ。
ま、人差し指使わない生活はもう2ヶ月以上やってるので
痛みと濡らさないことだけ気を付ければ
手術前と大差ないので、かなり気楽になった。
指の回復は、気長に待つしかないな。

あ、肝心な事忘れてた。
腫瘍の検査結果は正確に「グロームス腫瘍」と
診断されました。一安心。
posted by 琴音 優美 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | グロームス腫瘍奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51386929
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック