2011年12月13日

手術後・12日目

書くタイミング的に13日になってるけど
12日に起こった事を。

ここ最近の痛みは傷の痛みと言うよりも
いわゆる「つった」時のような痛み。
それがいきなりピシッ!と襲ってくる。
傷付近も時々激しい痛みを発する。
これが非常に耐え難い。
傷付近の痛みは理解できるけど、
つったような痛みは第1関節を
手術以降ほとんど動かしていないから?
そう思い、少しずつ動かしているけど
爪に響くのであまり動かせない。
動かしている間につるような痛みが来るし。
どうしましょ?

そして12日の診察。
痛みの状況の説明で、やはりつるような痛みは
指を動かしていないことが原因の模様。
なるべく動かすようにしよう。
「吸収糸だから吸収されちゃうはずなんだけどねー
抜くとなると爪を(ry」
と、5日目の診察と同じ事をいわれる。
不安になるからやめてー!

で、手術の事をちょっと聞いてみた。
私の場合は爪の真ん中に腫瘍が出来てたので
全剥ぎに至ったとの事。
これがもっと左右に片寄っているなら
爪の一部分を切り取って、となる。
まあ、抜糸の痛みの騒ぎしないだけ
マシなんだろうなー。
今日から水に濡らしてもOKと言われ
指は消毒とごく普通の絆創膏をして診察終了。
濡らした後に乾かして消毒するようにと
消毒薬(いわゆるヨードチンキ。
学校で擦り傷に塗ってもらう茶色のアレ)を
出してもらう。風呂上りに塗ろう。

とはいえ、やっぱり濡らすのは怖い。
出血はないから傷は塞がっているだろうけど
指がかなり腫れている。
洗面器に水を張ってソロソロとつけて
指でこすってボロボロと際限なく出る
垢を落とす。指の患部に垢がかからないように
注意しながら水を掛けたり拭いたりして
垢を落とす。
途中、水の温度を上げたせいで指に染みたので
今日はある程度落として終了。
後は明日もう一度落とせばいいやと思って。
湯桶には人差し指だけ浸さないようにしていた。
だって染みるのも感染も怖いんだもん。
出てからよく流せばいいんだろうけど
今の状態じゃあ確実に盛大な悲鳴上げるw

風呂出てからは指は消毒+絆創膏+包帯。
寝る時のショックを防ぐ為。
第1関節から先は腫れているせいか
触るだけでも皮膚が痛い。
普通の絆創膏では痛くてたまらないので
ケアリーヴ様様です。これの方が刺激が少ない。
今使っている分なくなったら
防水用のを買おう。それまでには
指の状況変わるかも知れないけど。
次の診察は1ヵ月後。「痛みがひどかったり
患部が赤く腫れるようならすぐおいで」と
言われたので、じっくり指の回復を待つことに。

最後に、お風呂前に撮った爪の状況を。
本格的にグロいので医療的に見たい人以外は
折りたたんだ先を見ないほうが懸命です。





今はこんな感じです。
yubi3.png
やたらキレイにくっついてます。
ちゃんと爪、生え変わるのかなぁ。


yubi4.png
腫れているのと引っ付き具合がよく分かる。

今月一杯は、まだロクに何も出来なさそう。
posted by 琴音 優美 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | グロームス腫瘍奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51809405
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック