2011年12月17日

手術後。17日目

指はまだ痛みます。
主に痛むのは爪の両側。
あと爪の付け根より少し下の指の両側が
時々「ピキッ!」と痛む。
爪の色は12日目とあまり変わっていないけど
心なしか一部半透明ががった白っぽくなりだしてる?
という感じ。

痛みと突っ張り感があるので
第1関節はまだきちんと曲げられず。
まだ1.5倍(感覚)の腫れも引いてないから
仕方ないかな、と。
やっぱり数ヶ月単位で様子見ないと。

とはいえ、手術で消失していた甘皮が
生えてきたし、人差し指は使えないけど
両手でキー打てるようになったし
お風呂に手を入れても沁みないし
左手でカップ持てるようになったし
雑巾絞りは無理だけど、握りつぶすようにして
両手でタオル絞れるようになったし
(勿論人差し指は使えず)
回復してきているんだと思う。

今、普段は絆創膏をせず
出かける時や人前に出る時に絆創膏、
お風呂から出たら綿棒に消毒薬染み込ませて
爪周りを消毒して絆創膏→就寝の日々。
気になるのは、痛みがいつ落ち着くのか
ということと、新しい爪がどのように
生えてくるかということ。
なにしろ見た目は手術前と同じように
爪がついているから、今後どうなるかが
予測不能な状態。
新しい爪が生えてくると
前の爪はポロリと取れるらしいけど
その前兆である爪の変色すら
まだな状態なのが非常に気になる。
1ヶ月過ぎれば、少しは違うのかな?
大体前爪が取れるまで1ヶ月ちょっと
かかるみたいだし。

ゆっくりじっくり待つしかないか。
posted by 琴音 優美 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | グロームス腫瘍奮闘記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52037723
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック