2030年05月10日

連絡事項

連絡用記事の為、日付を変更しています。



SENA Projectまたはシルクさん関連の
キーワードで来られた方へ。

2001年に配信されたゲーム「SENA」は
ベクターでリンクが生き残っています。
ベクターダウンロードページ
ゲームをお探しの方はこちらへどうぞ。
それ以外の配布データに関してはHP閉鎖により
入手不可能となっています。
posted by 琴音 優美 at 15:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月31日

今年一年

夏にブログにツイッターの書き込みを反映させるように
なってから忙しさの余り完全放置。
まあ、ツイッターが日記代わりにもなってるので
あまり問題ないけど。

今年は、やっと悪質売国政権が終わって
来年こそまともになるのかなーという感じで
年末を向かえた気がする。

個人的には、指も元に戻り、特に大きな病気もすることなく
平穏に過ごせたかなと。
あ、夏場にかなり久しぶりに気管支炎起こして
少しばかり寝込んだけどw熱出したのが土日なのが
不幸中の幸いかも。

来年はどんな年になるのだろうか?
スイーツデコの方もやりたいし
HPも放置してるのを整えたいし
やりたい事多くてどこまで時間調整できるか分からない。

これらのこと、少しでもできるといいな。

では皆様、よいお年を!
posted by 琴音 優美 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月29日

Twitter連携テスト

ツイッターのつぶやきを、ブログの方に
自動投稿できるように設定してみました。

数日間様子見て調整行う予定。


・・・最近全然こっちを更新しないからじゃないんだからね!
posted by 琴音 優美 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月06日

つくばの竜巻

とりあえず簡潔に。

私の住まい地域ではないので、被害は受けていません。
ネットの生放送で、言葉を失うほどの惨状を見ました。
知事は、自衛隊の災害派遣要請を出しました。

でも、TVはほんの少ししか扱わない。
NHKもさわりだけ、民放は丸無視。
※竜巻発生のリアルタイム情報として。
もっともニュースでも大して取上げられていない。

震災の時から変わらず、メディアは役立たず。
まだあちこちに震災の爪跡が残っているのに・・・
瓦屋根の家で、ブルーシートかぶったままの家だって
まだまだあるのに・・・

日本人を滅ぼしたい民主党は
今回も絶対何もしないのは、もう分かりきっている。

やるせない。苦しい。

こんな状況なのに、野豚は増税増税鳴き声上げるだろう。

どこに、このやりきれない感情をぶつければいいのだろう?
胸が苦しくなるばかり・・・
posted by 琴音 優美 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年04月25日

色々やっとります

どうも。久々の生存報告です。
新年度に入り、人が入れ替わった状態にも
ようやく慣れてきたこの頃。
先週末から風邪を引き、2桁年ぶりくらいに
9度近くまで熱を出すという事態に陥ってました。
幸い、薬を飲んで熱そのものは1日で下がったのだけど
風邪は未だ治らず・・・連休大丈夫かなぁ?

さて、今年のGWは社会人になって初めての
9連休という異常な長さを経験する事になるので
色んな意味でちょっと怖いw
もっとも、休みは部屋の大掃除と色々な制作物作業で
終わってしまう見込みですけどねw
色々買出しにも行かなきゃならないし。
スイーツデコに関する話は、そっちのブログでする予定。
なのでそちらを見て下さい。

とりあえず、まず風邪治さないとなー。
制作作業も集中できないや。
HPの再構築もしたいし。
9日じゃ休み足りないかも・・・(苦笑

まあ、少しずつやってこう。
posted by 琴音 優美 at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年03月11日

1年は、ただの通過点

2011年3月11日午後2時46分

この瞬間から、すべてが一変した。

そして1年。
いまだほとんど進まない復興、瓦礫処理。
その間政府はせっせと売国政策に勤しみ、
復興計画などそっちのけで増税増税叫ぶ。

TVはTVであの瞬間を繰り返し写したり、
芸能人の被災地訪問話ばかりで、
あの時、何が必要だったのか、何か出来ることはなかったのか
これから必要な事は何なのかは話の中心にならない。

茨城在住の私は、あの時、TVで茨城の報道が一切なく
ツイッターのハッシュタグでの情報が
有効な手段であったとすさまじく痛感した。
幸い、私自身や家族は大きな被害を受けなかったけど
水道が復旧するまでの4日間は本当に大変だった。

TVも政治も信用出来ない、信用してはいけない。
信用できるのは地域のコミュニティ、
そしてリアルタイムで入る
「一切の思想や編集の入らない生の情報」
であると、思い知らされた。

ツイッターが役に立ったのは、この生の情報の
リアルタイムなやりとりがあったから。
どこで給水をしているか、何が売っているか
ガソリン給油が可能な場所はとこか
道路はどこが通れてどこが封鎖されているか
こういった、震災直後に被災者が必要な情報は
TVじゃ一切流れなかったという問題に
一体どれだけの人が気付いているのか。

公共放送で役に立ったのは、地元ラジオ局
(茨城ならIBS)くらいだったと思う。
交通情報や給水情報などこまめに流していたのだから。

今日のこの日はただの通過点。
まだまだ復興には程遠く、やるべき事は山のようにある。
いつどこで、どんな災害に遭うのか、誰にも分からない。
ただ、そう遠くない将来、同じような地震が起こる可能性は
非常に高い状態であるということを、
心構え手置かなければならない。

TVが最近煽りまくっている「東京直下型地震」
高速道路の制限だの帰宅難民の受け入れなどという前に
自分自身を守れるかどうかが問題な気がする。
高架橋崩落(環八とか首都高は大丈夫なのか)
高層ビル崩壊とそこからの落下物
地盤沈下と液状化現象(地盤隆起もありうる)
地下街の被害影響
火事・河川の増水と橋の崩落や通行止め
湾岸の津波の影響
そしてある意味一番怖い周囲の人のパニック
これらすべて考えて対策練っているところは
一体どれだけあるのだろう?

ただ「揺れ」だけの対策じゃない。
それに付随するさまざまな問題まで
シミュレートできるのか?

振り返るだけではない、これからを見据えて
何が出来るかを考えなければならない。
いざという時、自分を守れるのは自分だけ。
周りに流されず、冷静な判断が出来るよう
情報収集のあり方を始め、見直さなければならない。

あれから1年。私達は今、大きな岐路に立っている・・・
posted by 琴音 優美 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年02月28日

ブレスレットが運んだ不思議な縁

去年5月、天然石のブレスレッドをオーダーメイドで
作ってもらった。
お店に入ってすぐに目に留まった石を使用して。
こういった石にも「縁」があり、
必要とする人の元に届き、役目が終わると
その人から離れる、という話を読んだことがあった。

その言葉どおりなのか。
ブレスレッドをしてスイーツデコを始めて
地元の定例市に参加するようになって
色んな人との繋がりができ始めた。

そして10月末の秋祭りに始めて大規模イベントでの
出店。物珍しさもあって売り上げは好調。
そのさなか、ブレスレットをなくしてしまった。

けれど、その17日後。
ずっと悩まされていた指の痛みの原因が
グロームス腫瘍だと分かり、手術すれば治ると判明。
(この辺のいきさつは、カテゴリー別で書いてます)
そして参加している定例市で新たな繋がりが発生し
今後色々な方面に協力する話もあがっている。

今、ふと思うのは、ブレスレッドは
私の中にあった負のエネルギーをすべて
吸い取った上で、手元を離れていったのかと。
そんな気がする。

自分の変わり目が、秋祭り以降だからかもしれない。
勿論、地道に定例市に参加を続けた事で
知ってもらえたというのもあるだろうけど。

それほど、石の効果を過信しているつもりはないけど、
事の変わり目がブレスレットを作ってからと
無くしたあとだったので、
なんとなく「縁」を感じたんだと思う。

今度の週末、新しいブレスレッドを
作ってもらおうかなと思う。
今度選ぶ石は違うものになりそうだけど。
そもそも利用する店が違うし。
でもそれも、「縁」の一つなのかもしれない。

次のブレスレットも大切にしたい。
役目を終え、手元を離れるその時まで。
posted by 琴音 優美 at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月18日

今度は親知らず

年末辺りから悩まされてた歯の痛み。
物が触れると痛み、歯を磨こうとすると
その部分は出血する。

やっと取れた予約で、最寄の歯科医へ。
ここへ行くのもすごい久しぶり。
レントゲンと診断の結果は「親知らず」
本当に先の方だけ出ている状態。
コレの影響で若干歯茎が腫れている。
以前通ってた時から親知らずが生えていたのは
昔のレントゲンにも写っている。
痛みの悪化ということで、治療には
抜くしかないのだけれど・・・

問題は、ほんの少ししか歯が出ていないので
抜くのに時間がかかる。歯茎を切って
抜かなければならない可能性があることと、
どうやら歯の付け根が副鼻腔(?)に繋がっている
可能性があるらしく、もし繋がっているなら
歯を抜いた時にそこから細菌が入っての
感染の問題が発生する事、
その繋がっている孔を塞ぐには口腔外科の
手術が必要になること、
繋がっているかどうかは現段階では
抜いて見ないと分からない、CTならば
分かる可能性があるという事を言われ
想像以上に大事事態となっているorz

一応、抜歯の為の予約はしたけれど、
問題が大きすぎるので近所の口腔外科を
予約して診察を受ける事に。
幸いにも、明日すぐ行けるので
よく相談して、状況次第ではそっちで
抜歯しようかなと思う。

抜歯の為に1日入院・・・なんて事も
ありえるらしい。夏に倒れた母が入院先で
前例を聞いたとか。
まあ、かなり大変な状況になりそうだから
その方が都合がいいかも知れない。

グロームス腫瘍に続いてこの状況。
原因不明の体調不良で倒れた時以来の
立て続けな病院通い。
地元神宮の健康祈願のお守りでも
買ってこようかな・・・
posted by 琴音 優美 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月10日

通常モードへ

恒例の冬季講座も終わり、
キーボードを買い換え、掃除も終わって
気が付くと、通常モードに戻ったという・・・
ま、世間一般が長期休暇の時は稼ぎ時な
職種の宿命です(お盆休暇はあるけどね)

というわけで、今日から通常業務なワケだけど
来週から歯医者に通うことになるので(汗
また時間の配分に悩む日々になるそうです。
いやね、年末から歯痛に悩まされてて、
冬季講座が終わらないと通うことが出来なくて
今日まで我慢してたのだけど。
近所の歯医者さん、めっちゃ混んでる。
空いてる時間の予約取ったら、18日に・・・
前に行ったのは10年近く前な気もするから
問題の歯以外の虫歯もあるんだろうな(苦笑
歯科医院が近いからいいけど。

指の方は爪が少しずつ伸びてるのは分かるけど
相変わらず腫れたままだし、手術の痛みとは別の
痛みがはっきりと分かったので、その相談を
12日にしないといけないなーと、ちょっと
ウンザリしてたり。
元々、手術する前から痛みはあったのだけど
腫瘍の影響なのか違うのか判断できなかったので
手術の傷がある程度回復するまで様子見をしてたもの。
手術から40日以上経過してようやく腫瘍とも手術の
痛みとも違うとはっきり自覚できたので
経過観察と共に診て貰おうかと。
投薬で治るレベルのものでありますように。

あと、スイーツデコ用のブログ作りました。
デコに関する話題はこちらでします。
http://c-dreams.sblo.jp/
これ書いてる時点で、デコ用ブログの更新は
していないけどね。
現在作成中のものがあるので、それらを
載せようかと思っています。

今年は、色々創作活動に力を入れようかと。
指の腫れが早く引いてくれること
祈りつつ・・・・・・
posted by 琴音 優美 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年12月31日

混沌の一年

今年は震災とグロームス腫瘍の2つで
終わってしまった気がする。

特にグロームス腫瘍は原因が分からず
夏〜秋にかけて苦しむことになった。
手術から丸1ヶ月。
指は大分曲げられるようになった。
爪の状態も少しずつ変わってきてる。
詳細については、また後日。

震災については・・・
今更改めて言う必要もないかと。
9ヶ月以上経った今も、あの日のままな
場所はまだいくつもある。
年末の買出しで通りかかった墓地で
重機が入っていてお墓を戻している様子が
チラリと見えた。未だ倒壊したままな
お墓も多い・・・

民主党は相変わらず復興そっちのけで
売国に勤しみ、日本には増税と叫ぶ。
韓国に5兆もスワップしたり紙屑になる寸前の
中国国債買うとか馬鹿としか言いようがない。
なのに東北にはたった2兆しか使わない。
そしてこの辺の話を報道しない腐れマスコミ。
今年の始めにも願った気がするが
本当に来年こそ1秒でも早く解散総選挙をして欲しい。

金正日(キムジョンイルで変換できるIME・・・)の
死により、今後世情に動きが出る可能性は
否定できない。
その時に売国政権では本当に日本が崩壊してしまう。
日本人が迫害される国になってしまう。
そうならないためにも一刻も早い政権交代が必要。
それが復興を早める手段でもあるから。

来年は多分色々な動きがある年になるだろう。
世界の動き的に平穏はありえないように思う。
最低でも自分自身・そして家族を守りたい。
切実に思う。

では皆様、よい御年を!!
posted by 琴音 優美 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月17日

指の症状

診断結果:グロムス腫瘍

手術:11月30日

・・・・・・・・・・・・

orz



はい、大人しくしときます。
注意:グロムス腫瘍の画像はかなりグロ入るので
画像検索する人は覚悟しときましょう。
posted by 琴音 優美 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年10月23日

近況報告とか

お久々です。仕事の忙しさとデコアイテム作成で
余裕がなかったのもあるけれど、
ブログ更新出来ないでいる最大の原因は
「謎の指の痛み」に苛まれているからです。

何度かツイッターで言っているのですが
8月辺りから指の痛みが酷くなりだし、
9月になってからは我慢できない痛みになり
現在、病院から薬を貰っているのだけれど
ほとんど効果がない状態・・・
痛み止めに効果がない場合は遠絡治療を
行う事も検討中です。

こんな状態なんで、キーボードすら満足に打てない
(とにかく、物に触ると痛い)ので
長文打つ事になるブログからは離れてます。

痛むのは、左手の人差し指のみ。
他の指は問題ないです。
なので、ますます不可解な状態。
本当に原因不明と言うのは困る。
もう5年近く前になるけど、原因不明の
足の脱力症状を思い出す。
あの時は病院を転々とし、最終的に
鍼治療を受けて回復したんだっけ。
保険効かないから高かったけど・・・
ああいう事態にならなきゃいいなと思っています。

というわけで、ブログは指が回復するまで
休止状態になります。
人差し指使わないでも何とか打てるけど
面倒だし(w

復帰できたらご連絡します。
ツイートはしてるので、
生存確認はそちらでどうぞ。
posted by 琴音 優美 at 12:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月11日

半年

あの時から半年。
一向に進展しない原発問題。
自分の利権と売国しか考えない民主党。
おいていかれた多くの願い。

やりきれない思いが募る。

私と家族が受けた被害は大したものでは
ないけれども

閉店した店
解体された建物
倒壊したままの墓石
ブルーシートが被ったままの瓦屋根

茨城県の内陸住まいで、県北や沿岸地域と比べれば
いくら被害が小さいとはいえ
見慣れた風景に上記のものが合わせた状態が
半年続いているのは、本当に胸が痛くなる。

あの日のままなのは、東北だけじゃない。
私の知らないどこかでも、きっとある。
東北3県の復興も勿論大事だけれど
その他の報道されない地域はどうなっているのだろう。
長野もあの時地震があったし
千葉は液状化問題が発生してた。
これらの報道は、今は全く聞かない。
ディズニーランド&シーは
TV宣伝とかもあるから駐車場の問題は
解決しているのは間違いないのだろうけど。

口蹄疫問題の時辺りから
偏向・隠蔽報道にイライラしていたが
震災で爆発し、TV報道を信用できなくなった。
必ず、誰かの編集意図が入るから。

今でも、許せない事がある。
計画停電の時に、当時未だライフラインの
復旧の見込みすら立たない、もしくは
やっと戻ってきたばかりな茨城沿岸地域を
真っ先に停電させ、そこにTVがヘリを飛ばして
「真っ暗です」と言ったこと。
あの時、茨城の被害状況などTVは
全くと言っていいほど取上げなかったのに。
この後、県知事が怒りの声を上げ、
計画停電から外してもらった事を
記憶している人はいると思う。

TV報道に公共公平さはない。
自分の利益を貪る為なら、どんな事でも
平気ですると、改めて思い知らされた。

何をして復興と言うのか。
被災した方々が元の安定さを取り戻すには
一体何年の時がかかるのか。

あの日の瞬間を、決して忘れる事は出来ないし
忘れてはいけない。

私は、事実を伝えていきたいと思う。
小さなこの田舎町の姿を。

もうすぐお祭り。この祭りは
天下泰平、国家安穏、萬民豊楽、五穀豊穣を
願う祭り。
ここ数年の日本の状態は
この言葉からあまりにも遠すぎる。
本当に、この言葉通りであって欲しい。
今年の祭りは、心からこれらを願う。
posted by 琴音 優美 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月28日

夏季モード終了と共に

26日にて本年度の夏季モード終了。
母も完全ではないようですが、
「(夏季モード終わったし)焼肉食べに行こう!」
と言ってるくらいなので(そして昨日食べに行った)
大丈夫だと確信。

あ、母が倒れた原因は喉の荒れた部分から
細菌感染による敗血症の1種だったそうで。
「そういうのでも敗血症になるんだ・・・」と
ちょっとビックリ。
小さな病気でも、油断ならない事になるという
典型例だったのかもしれない。

この後は、折り畳みます。

ここから先は、重たい話
posted by 琴音 優美 at 14:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月15日

一安心

本日午後、母の退院が決まりました。
検査結果も問題なしと言うことで一安心。
療養入院みたいな形になったのかな?

今夜は母の要望でお寿司決定。
私はナマモノ苦手なんで食べられないけどw

煮物だけは、用意しておこうかな。
とりあえず、少し落ち着けそうです。
posted by 琴音 優美 at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年08月12日

予想外の出来事

先週末から、母が調子を崩していた。
風邪だと思っていたけれど、高熱が下がらず
咳もひどい。

結果、入院する事に。
10日に病院へ行って、そのまま入院だったので
本当に急な出来事だった。

今は、薬で熱が下がっていて
食欲も回復しつつあるようなので
大きな問題はないそうです。

ただ、この忙殺モードの時期に
母が倒れた事により、その分の家事負担が
私に回ってきた為、さらに忙しい状態に。
ようやく今週分の仕事が終わった今、
かなりぐったりしている状態。

ここで私が倒れたら、
家事(特に炊事)が出来る人が
いなくなるという我が家。
まったくウチの男どもは・・・

教訓:男手もきちんと最低限の家事は
きちんと出来るようにしましょう。

まあ、明日から1週間休みなので
家事は余裕もって出来るので少し楽。
母は、薬を使わなくても熱や咳が出なくなるまでは
入院と言うことになりそうなので
この1週間の休み中に退院できるかどうかは
まだ不明。
早く元気になって欲しい。
posted by 琴音 優美 at 23:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月24日

不気味な夏

明日から夏季モード。毎年恒例です。
1年で最も忙しい時=稼ぎ時で
この1ヶ月は本当に「忙殺」の言葉がぴったりきます。
しかも今年は中学生多いし・・・
なんとか体調整えつつ頑張ります。

俺、夏の収入入ったら、
オーディオミキサー買うんだ・・・

と、まあジョークはこの辺にして。

台風も去り、ここしばらくは涼しい日が
続いているのだけれども

今年は、セミの鳴き声がほとんど聞こえないという
異常事態が発生しています。
夏休みになるこの時期ならば、いつもなら
セミの大合唱が聞こえ、たまに網戸に張り付いて
鳴かれて大迷惑を被るの(笑)が
日常なのに・・・

ここ数日は寒い(セミの活動からすれば)から
とも考えられるけれど、台風がくる前の
猛暑の段階で羽化していないというのも
ヘンな状態だし。

この時期なのに不気味なくらい、
外が静かで気持ち悪い。

セミの鳴き声が聞こえない夏が
こんなに不気味だと思わなかった。
昆虫達の変容は、自然の変化の現われでもあるから
「何かの予兆なのでは?」と勘ぐってしまう。

早く、セミの合唱聞きたい。
そんな風に思う時期が来るなんて思わなかった。

そういえば、セミによって活動気温や湿度が
違うので、「ミンミンゼミ」が鳴くときが
本格的な夏と判断しているけど。

今年は、いつ聞けるんだろう?

早く「夏らしい光景」を見聞きしたい。
posted by 琴音 優美 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月11日

それでも地元が好き

今日で震災から4ヶ月。
遅々として進展しない物事に
神経が尖りそうになりながら、日常もこなしています。
普通に生活できるなら、いつも通り生活して
時折趣味などで散財して(w)気分転換して
「当たり前の日々」だけど、それが大事だと言うことを
時々振り返っています。

ツイッターでもちょっと呟いたけど
先日、地元に根ざしていた小さなラーメン屋さんが
閉店したのを知りました。
ラーメン愛好家達が出した本やHPにも
掲載暦のあるお店でした。
震災後、ずっと閉店していて、3ヶ月くらい経った時に
店の片付けをしていた所に通りがかり、
昨日また通った所、
「震災の影響を受け、6月末で閉店しました」
との張り紙を見つけました。
本当に、小さな古い店だから、おそらく店内は
厨房も含めかなりの損害を出したのでは、と。
そして、店主自身もご高齢であることも
起因したのかなーと思いました。

私の住んでいる所は田舎です。
駅前は、平日休日問わず閑散としていて
若い人は地元に残らないような所です。
今回の震災の影響で閉店した店は
いくつもあります。
未だに修理がされていない瓦屋根も
たくさんあります。

そういった情景を見るたびに、いたたまれない
思いになります。
そして同時に、早く震災前の、時が止まったような
穏やかな田舎町の光景が戻って欲しいと
切実に思います。

本当、娯楽もないし買い物行くのに車必須な
状態だったりするし、交通の便も悪いし
ほんのちょっと歩けば、周りは一面田んぼになる。

そんなところだけれど

やっぱりここが、生まれ育ったこの町が
好きなんだと。

切実に感じます。

もうすぐ地元は七夕祭り。
今回のテーマは「震災からの復興」
地元活性化の協力も兼ねて
ちょっと顔出してこようかなと思っています。
posted by 琴音 優美 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年07月09日

なかなか忙しいです

本年度から仕事量が増えたので
ちょっと余裕なくなりつつあるこのごろ。
空いた時間は粘土練ってパーツ作って
組み合わせているのがほとんどなので
ブログに長文書く時間がおしいくらいw
いよいよ夏休みなので
忙しさはさらに倍になりそうです・・・

とりあえず、元気ですよー と。

夏季モード(いわゆる小中学生の夏休み)が
終わるまで、またブログ放置になりそうなので
事前告知しときます。
生存確認はツイッターでどうぞ。


やりたい事はいっぱいあるんだけどねー
時間配分が難しい・・・
posted by 琴音 優美 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月11日

震災3ヶ月目と祖母の法事と誕生日

・・・ま、誕生日っていっても
いい加減「また年食うのね」だし
祝ってもらうような年齢もとうの昔に過ぎてるし。

プチむかつきは、誕生祝代わりに焼肉屋行く予定が
反故になってしまったことくらいか?
胃の調子が冴えないから、まあいいけど。

いろいろある中、祖母の一周忌の法要を済ませました。
祖母の晩年については色々思うことがあるのですが・・・
震災を経てふと思うのは、祖母は震災を体験せず旅立ちました。
それは、ある意味幸運だったのかも、と。
もし、昔のように元気に1人暮らししていたら、
ひどい被害を受けていたのでは・・・と。
当時1人暮らししていた家は非常に古いし、
耐震対策など一切していなかったので
家中の物がひっくりかえっていた可能性があったのです。
勿論、自分たちだって家の中がひどい惨状だったし
町中はいわずもがな。
祖母を助け、私たちの家に連れて行くことが
すんなり出来たかどうかすら怪しいものです。

あの瞬間の恐怖を知らない事は
幸せなのかもしれない、と。

祖母の墓参りをし、帰ってきた後で
実家側の倒れた墓の修理の見積もりが届き、
その値段にちょっと驚愕しつつ
「食器棚(+中の来客用食器)と墓だけで
 済んだだけマシなのかも知れない」と
言い出したらきりのない話になり、
母が弟に「(将来)この墓の傷は
おじいちゃん(=弟)が大震災を体験した時の
証だって伝えていかなきゃね」と
冗談まじりに言っているのを聞いて、
「倒れているのを戻してもらったけど
傷ついた部分はそのままだもんね」と
思わず苦笑い。
物言わぬ、はっきりとしたその証を見て、
子孫は何を思うのだろう・・・

3ヶ月経って、修理の進んでいるところ、
いまだ手付かずそのままのところ、
すでに取り壊されて更地となったところなど
色々な様子を目にする。
市として考えても、問題はたくさん残っている。

祭りの時期までには、もう少し落ち着くのだろうか?

決して忘れてはならない、風化させてはならないけれど
それよりもまず、被災者の皆様が落ち着ける状態に
するのが先決。

早く、そんな日が来て欲しいと
心から願う。
posted by 琴音 優美 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記